口紅 塗り方

口紅の塗り方

メイクの中でも、印象の決め手となるのが口紅です。
色の違いだけでなく、口紅の塗り方によっても印象はガラッと変わります。
シーンに合わせた様々な口紅の塗り方をマスターして、さらに女子力アップに繋げましょう。

 

美しい唇のための下準備

カサカサの乾燥した状態の唇では、口紅の色がキレイに発色せず、見栄えも悪くなります。
また、口紅との密着度も下がってしまうので、すぐに落ちやすくなってしまいます。
美しい唇を保つためにも、肌と同様に唇の保湿ケアを行うようにしましょう。

 

唇の保湿ケアに最適なアイテムは、リップクリームです。保湿成分が配合された肌に合ったものを選ぶといいでしょう。
塗り方のポイントは縦方向へ塗ることです。
つい横向きに塗りがちですがそれだと塗り残しができてしまいます。
唇のシワは縦に入っていますので、それに合わせて塗ることで、隅々まで保湿成分を行き渡らせることができます。
塗ってから5分ぐらい放置します。
その後、ティッシュで唇を軽く押さえるようにして余分な油分をカットします。
これをしておくことで、口紅がキレイに塗りやすくなります。

 

 

キチンとした印象の塗り方

まずは、基本となるこの塗り方をまずはマスターしておくといいでしょう。
準備するものは、リップライナー、口紅、ティッシュ、リップブラシです。
手順としては、最初にリップライナーで唇の外周にラインを描きます。
先に唇中央のトップライン、下唇の下のラインを描いておき、口角から上下とも中央に向けてラインを描いていきます。
ラインがとれたら、リップライナーで唇を塗りつぶします。
こうすることで、口紅の下地の役割を果たしてくれます。
その後、リップブラシを使って口紅を口角から中央に向かって上下塗ります。
口紅を直接唇に当てて塗ってもいいですが、リップブラシを使った方がはみ出し防止にもなって、シャープに仕上げることできます。
最後にティッシュを軽く押し当てて、余分な油分をカットします。

 

 

カジュアルな印象の塗り方

基本の塗り方よりも、カジュアルでラフな印象になる塗り方です。
準備するものは、口紅とティッシュです。
いきなり口紅を塗ります。
直接口紅を塗ってもいいですし、指にとって叩き込むようにして塗ってもいいです。
程よいムラができ、ナチュラルな色づきに仕上がります。
ティッシュで軽く押さえて、余分な油分をカットします。
口紅を唇の内側を中心に馴染ませると、より立体感が出てキュートに仕上がります。

 

 

プラステクで唇の魅力をアップ

ハイライトを入れることで、唇のふっくら感を見せることができ、色っぽさを引き出すことができます。
ハイライトは、上唇の山の部分や下唇の口角の部分に入れます。
唇周辺には、パウダー状のものよりも、練り状のものの方が使いやすいのでオススメです。
また、口紅を塗った後にグロスをプラスすることで、さらに唇の魅力をアップさせることができます。
グロスは、唇の中央につけて外側に伸ばすように塗ります。
立体感のある、うるつや唇を手に入れることができます。

 

 

「なんだか最近メイクが決まらない・・・」

そんなあなたに、ユーザーが☆5の太鼓判の大人のルージュ!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

口紅,塗り方

関連ページ

唇のケアに欠かせないリップクリーム
唇にも肌と同じように保湿ケアが大切です!唇に保湿をしないと・・・怖いことに・・・っていう体験談です
娘がプレゼントされた口紅の体験談
娘がプレゼントされた口紅のお話です。
似合う色って変わるんです!40代の私に似合う口紅とは
似合う色って変わるってしっていました?40代の私に似合う口紅とは