40代 似合う 口紅

似合う色って変わるんです!40代の私に似合う口紅とは

色の好みって…時間が経ってもなかなか変わるものではありませんよね。
口紅を選ぶ時もどうしても好みの色を選びがちですが、好きな色=似合う色、でもないんです。

 

また、20代の頃似合っていたはずの色が、40代になるとなぜか似合わなくなる、なんてこともあるんですよ。
では40代に似合う口紅ってどういうものなんでしょうか?調べてみました。

 

・血色を与えてくれるもの
40代になると、肌悩みが増えます。
小じわ、シミ、くすみや乾燥…若い頃と比べて、印象がパッと冴えなくなるのは、肌の老化が大きな原因となっていることが多いんです。
そんな肌悩みを払拭してくれるのが、血色を与えてくれる口紅です。顔全体の印象がパッと明るくなるんですよね。

 

とはいえ、発色が良いものでもマットなものは40代女性にはNGです。全体に「厚塗り感」を与えてしまいますから…
実際に唇につけてみて、顔が明るく見える色を選びましょう。手の甲につけるだけではイメージをつかみきれません。

 

「今の自分に似合う色」を見つけましょう。

 

ツヤのあるもの

40代になると肌同様に唇もしぼんでしまうんです。だからこそツヤのあるもの選んでふっくら感を演出しましょう。美容オイル配合のものがおすすめです。つけている間、唇をケアできるものを選べば、唇の老化も防ぐことができます。

 

透け感のあるもの

濃く、ハッキリつく色よりも、透け感のある色みの口紅のほうが若々しく見えるのでおすすめです。透け感のある口紅は落ちやすいのが難点なんですが、ハッキリつくものと比べて落ちる時も自然ですし、落ち方も上品というか…だらしなくならないんです。
グロスを重ねたようなツヤのあるものを選べば、若見えが叶います。

 

コンシーラーを使うのも手

唇の色の悪さ、シミが気になる場合は、リップコンシーラーを使用するのもひとつの手です。唇だけでなく唇の周りもくすみやすいもの、だからこそその部分をリップコンシーラーやペンシル状のコンシーラーで明るく仕上げれば、印象UP間違いなしです。いつもの口紅にたったひと手間プラスするだけで、仕上がりに大きく差がつきますよ。おすすめです。

 

■番外編■唇をしっかりケアしよう!

唇は年齢があらわれやすいもの、だからこそしっかりケアしていつまでも口紅が似合う唇を維持しましょう。

 

くすみが気になる場合はピーリング!

肌と同じように、加齢とともに唇もターンオーバーが乱れます。くすみが気になる場合は、唇専用のやさしいピーリング剤で古い角質を落としましょう。
ただ、くすみが気になるからといって頻繁にピーリングを行うのはアウト。多くても週1にとどめましょう。やり過ぎは逆にくすみの原因となってしまいます。
角質を落とした後は、いつもよりリップケアを念入りに。リップクリームを厚めに塗ってサランラップをのせリップパックを。

 

紫外線対策は万全に

リップメイクの大敵、シミ、シワ…原因は紫外線にあります。顔だけでなく唇の紫外線対策も万全に。UVカットリップクリームを下地に使いましょう。

 

 

40代、まだまだリップメイクは楽しめます!
唇の手入れを念入りに、自分の肌色に合った色を見つけ、新しい自分を発見しましょう。

 

 

「なんだか最近メイクが決まらない・・・」

そんなあなたに、ユーザーが☆5の太鼓判の大人のルージュ!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

40代,似合う,口紅

関連ページ

唇のケアに欠かせないリップクリーム
唇にも肌と同じように保湿ケアが大切です!唇に保湿をしないと・・・怖いことに・・・っていう体験談です
娘がプレゼントされた口紅の体験談
娘がプレゼントされた口紅のお話です。
口紅の塗り方
口紅の塗り方ってどうしていますか? 口紅の塗り方のお話です。